ジュリジュリでB子な日々 bmwalfa.exblog.jp

BMW&Alfa&・・・・ただひたすら車好き!なプチおかみ "ゆうゆう"の日記です。


by yuchan0220am
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0077699_02010649.jpg
すっかり紅葉になって、そこらの公園も綺麗ですね。

ロンドン留学中の息子から、「雪が降ってる…」ってLINEがきました。
ロンドンは寒そうですねぇ~(''_'')
d0077699_10135482.gif
さて、最終日は、以下の三択です。
(現地に着いてから選べますよ)

○ベンメリア遺跡観光
○ロリュオス遺跡観光
○スパにてトリートメント

午後にホテルスパを予約してありますので、選んだのはベンメリア。

初日にガイドさんに聞いて、オススメとのことでしたので。

アンコールワットから東に50㎞ほどのところにある遺跡。
現在も修復がなされないまま森の中で眠っているかのような寺院です。

伽藍配置はアンコールワットと似ていて、東のアンコールと呼ばれているそう。

崩壊しまくっていますね
d0077699_01572042.jpg
d0077699_01574931.jpg
d0077699_01575606.jpg
d0077699_01583545.jpg
d0077699_01584471.jpg
崩壊しているけれど、だからこそとても神秘的に感じます。

見学できる所は限られているのですが、ちゃんと通路が出来てます。
d0077699_01592456.jpg
この寺院で注目なのは、こんなに崩れちゃっているのに
唯一綺麗に残っている、ナーガの欄干。
d0077699_01573056.jpg
五つの頭の細かい模様も確認できますね。

しかし、未だにこの遺跡周辺では地雷除去作業が行われているとのこと。
観光の際は、ガイド付きのツアーに申し込む方が賢明だそうです。

これにて遺跡観光は終了。

ホテルに戻る途中のレストランでランチ。
d0077699_02170043.jpg
d0077699_02171575.jpg
d0077699_02174946.jpg
この麺料理は名物の「クイティウ」

メインは写真がなくて、記憶もナシ(^-^;

この後、ホテルに戻って90分、しっかりとマッサージをしました。
癒される~(*^^)v

チェックアウトは18:00。
だからJALパックは好き。

のんびりしてからチェックアウト。
空港まで送っていただいて3日間お世話になったガイドさんとドライバーさんとさようなら。

空港でお土産を買って、ラウンジでのんびりして~と思っていたんですね。
ところが空港に着いたらスゴイ混雑で、チェックインがなかなか始まらない。

おとなりのパンダなお国行きの航空会社に並んでいた人たちは
理由はわからないけれど、急に大声で大ゲンカ始めるし…(-_-;)

私たちはカンボジアエアのカウンターに並んでいたのですが
急にあっちに並べと言われ、よくわからないまま別のカウンターでやっとチェックインが済んで
お土産を買っていたんですよ。

そうしたら、何となく放送の声が耳に入って
よ~く聞いてみたら、私たちが呼ばれていたんですね。

なんで???
まだ搭乗までには1時間ほどあるはずだけど…と思って搭乗券を見てみたら。

え?
ベトナムエア?私たちはアンコールエアだったよね?
便名も違えば時間も違う。

もう出発時間???

ダッシュで搭乗口に行ったら
早く乗れ!ってネーサンに怒られて

それでも根性で撮った一枚(^-^;
d0077699_19403384.jpg
ベトナムエアを撮らなきゃと思って通りがかりの搭乗口から撮ったもの。
(搭乗口も到着もいっしょなので)

私たちが乗った飛行機は、私たちが乗ると同時にドアクローズで、すぐに離陸しました。
お待たせしてごめんなさい(-"-;A ...アセアセ

かな~り恥ずかしい思いをしましたよ。

でも、乗り遅れないで良かった…。
便を変更するならそう言ってちょうだい…。

そんなわけでバタバタと帰国。
アンコール旅行記も(最後は駆け足でしたが)これにて終了。

アンコールワットは世界遺産のランキングでも常に上位で
思いっきり期待して行きましたが
その期待を裏切らない素晴らしいところでしたよ。

規模も凄いし雰囲気も良いし本当に行って良かったと思いました。

おしまい。

次は…

どの旅行記を書くんだったかしら?






by yuchan0220am | 2017-11-28 02:17 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

d0077699_01412868.jpg
ホテルの廊下に飾ってある蓮の花がステキ

そうそう。ヘンリー王子が婚約しましたね。
お相手は…
私が大好きでシーズン1から欠かさず見ているアメリカのドラマ、
『SUITS/スーツ』に出演中のメーガンマークルですよ!!

日本ではシーズン6まで放送されましたが、シーズン7は来年放送予定だったはず。
その放送でメーガンマークルは見納めかな?
結婚式は来年5月とか。
楽しみですね♪
d0077699_10135482.gif
さて、前置きが長くなりました…

トンレサップ湖からホテルに帰って、二人して死んだように爆睡しまして
少しパワー復活。

この日のディナーは楽しみにしていた、ホテルのレストラン「ル・グラン」にて。
d0077699_01352435.jpg
メニュー
d0077699_01403399.jpg
d0077699_01405251.jpg
d0077699_01405956.jpg
d0077699_01410777.jpg
d0077699_01411383.jpg
d0077699_01411900.jpg
当たり前ですが、今まで食べたどのお食事よりも数段美味しいです。
期待を裏切らない美味しさでした。

雰囲気も素敵なレストランで、大満足(^^♪

テーブルのお花も蓮ですね。
外側の花びらをガクのように折るのが可愛い♪
d0077699_01471929.jpg

明日は最終日。
まだまだ観光しますよ!

続く。




by yuchan0220am | 2017-11-25 11:50 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
d0077699_20005003.jpg
近所の公園にて

天高く
馬肥ゆる秋。
d0077699_20090948.jpg
あれ?馬ヅラの犬?

d0077699_10135482.gif
さて、旅行記続けます。

休憩せずに頑張って次の観光へ。

トンレサップ湖です。
とても大きな湖で、時期によって大きさが変わります。
4~6月の乾季には3000㎢、8~10月の雨季には10,000㎢以上になるとか。

ここに関しては水量豊富な雨季の方がオススメのようです。
湖には漁師の家や商店、小学校などもありますよ。

d0077699_01135474.jpg
d0077699_01141058.jpg
ここに着岸します。
d0077699_01145309.jpg
d0077699_01150557.jpg
お土産屋さんです。(ボケててごめんなさい)
d0077699_01151597.jpg
ワンちゃんものんびり。
d0077699_01154777.jpg
何故かワニがいます。
d0077699_01152560.jpg
何故かニシキヘビがいます(^-^;
d0077699_01153758.jpg
生活の場でもある湖なので、それなりに臭ったりします…(-_-;)

頑張って観光しましたが、もうフラフラです。
この日の夕食はホテルのダイニングなので、自由時間がそれなりにあるのですが
ホテルに戻って二人して爆睡(^-^;

続く。


by yuchan0220am | 2017-11-24 01:28 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
d0077699_10101896.jpg
プリア・カンの謎の建造物

d0077699_10135482.gif

さて、お次はニャックポアン。

どの寺院も出口を出るとこんな風にトゥクトゥクがいたりお土産や食事の屋台がいます。
d0077699_09413402.jpg
トゥクトゥクのドライバーさん、お客さんが来るまでは器用にハンモックでお昼寝してたりします(^^)
かなり暑いのですが…よく寝られるなぁ(^-^;
d0077699_19492834.jpg
ニャック・ポアンはこれから行くプリア・カンの貯水池に浮かぶ円形寺院。
d0077699_19494098.jpg
d0077699_19495050.jpg
大きな貯水池に造られた細い通路を進んでいくと、こぢんまりとした寺院があります。
d0077699_11201207.jpg
この写真だと小さいのですが、ちょっとアップにしてみると
d0077699_11213506.jpg
中央祠堂の左側に浮かんでいる神馬が見えますね。これは観世音菩薩の化身、ヴァラーハ。

この池は病を癒やすという意味があるそうです。

ではプリア・カンに行きましょう。

参道を抜けて
d0077699_10031412.jpg
d0077699_10033104.jpg
何の建物でしょう?
さらにテクテク歩いていくと…

東第二塔門が見えてきました。
d0077699_10280968.jpg
d0077699_10061758.jpg
大きな木が壁をまたいで鎮座してます。
門をくぐって裏側に行くと
d0077699_10063573.jpg
またいでいる木の根っこ。
この根っこも凄いけれど、壁の裏側のレリーフも素晴らしいんです。
d0077699_10065826.jpg
かなり壊れちゃってますが…

ナーガ(蛇)をまたぐガルーダが彫られた欄干。
d0077699_10085062.jpg
これは昨晩見たアプサラダンスのレリーフ
d0077699_10094712.jpg
ここを抜けるとこの寺院の目玉の建物。
d0077699_10100232.jpg
アンコールの遺跡群の中では非常に珍しい2階建ての建造物。
d0077699_10281980.jpg
図書館だったという説もあるけれど、謎なんだそう。

いやいや、素晴らしいですね。
本当に来て良かった(^^♪

ここには大きなガルーダがありました。
d0077699_10341714.jpg
いますね、こういうオッサン(^-^;

ではそろそろランチです。
カンボジア料理のお味は問題ナシで、美味しくいただけます。
d0077699_10354192.jpg
やっぱりスープが美味しい。
この日はカレー風味。決して辛くはありません。
d0077699_10360237.jpg
焼きそばが出てきましたが、ご飯も必ずついてきます。 
d0077699_10355378.jpg
代表的なデザート、かぼちゃプリン。
d0077699_10361451.jpg
自然な甘みで美味しいです。

スケジュールではここでいったんホテルに戻り2時間ほど休憩なのですが
頑張ってこのまま午後の観光に行っちゃおう!ということになりました。

つづく。







by yuchan0220am | 2017-11-23 09:53 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
専属車で連れて行ってもらうとはいえ
暑い中での観光はかなり疲れます。

もう、若くないわー(-_-;)

この日も美味しい朝ご飯を食べてオレンジシャンパンを飲んだら
観光に出発。

ガイドさん曰く、この日の観光はかなりハードだそうで
ちゃっちゃと済ませましょう!

って、昨日も相当ハードだったけど…と
青くなる私たち・・・

実は、前日に行ったタ・プロームはこの日の観光でしたが
ガイドさんが絶対にこのスケジュールでは一日で終わらないからと
前倒しでタ・プロームに行ってくれたのです。

JALパックさん、要再考ですよ。
その旨、帰国後のアンケートには書きましたが。


王様の沐浴地、スラ・スラン(車窓)(写真なし)
を通って、シェムリアップから40Kmほどの郊外にあるバンテアイ・スレイへ。

走り出してすぐに、田舎の風景。
d0077699_19461734.jpg
d0077699_19455651.jpg
ファミリーカー
d0077699_23594718.jpg

痩せ細った農耕用の牛がいたるところに。

d0077699_00000108.jpg
〆たブタをいっぱい積んだバイクとかいて、そりゃぁ衝撃的だったのですが、写真撮れ~ず。

そんな景色を眺めながらバンテアイ・スレイに到着です。

バンテアイ・スレイは赤色砂岩のとても綺麗な寺院です。
d0077699_19471375.jpg
スニーカーが真っ赤になります(^-^;

今まで見た寺院もレリーフは素晴らしかったですが
ここはまた一段と素晴らしい!!
d0077699_19470003.jpg
d0077699_19475359.jpg


d0077699_19481773.jpg
↑この女性のレリーフは東洋のモナリザと言われているそうです。
d0077699_19480231.jpg
d0077699_19491785.jpg
わたし、ここ好きだわ♪

寺院見学は車を降りたら、寺院の入口の門から入りますが見学は一方通行なので、
反対側の出口の門を出ると車が待っているというシステム。

バンテアイ・スレイを出たら車に乗ってプリア・カンに向かいます。

続く。



by yuchan0220am | 2017-11-19 13:10 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
朝5時から観光ずくめの長い一日もあとはディナー。

ディナーはカンボジア宮廷舞踊「アプサラダンス」を鑑賞しながらのカンボジア料理。

まずはアンコールビールとモヒート。
d0077699_12325809.jpg
スターター、スープ、メイン、デザート。
d0077699_12335854.jpg
d0077699_12395285.jpg
d0077699_12344311.jpg
d0077699_12380640.jpg
スープが本当に美味しいんですよ。
d0077699_12314137.jpg
d0077699_12322667.jpg
ご飯のあとは、ガイドさんに街で下してもらって、お散歩。
パブストリート。
d0077699_12440309.jpg
凄い人で賑わってますよ。
屋台もたくさん。
d0077699_12454577.jpg
マッサージ屋さんも大盛況。
d0077699_12462188.jpg
私たちもここのお店ではありませんが、60分のマッサージを受けました。
アジアはマッサージ、安いし気持ち良いので大好き♪

近くに小さな川が流れているのですが、そこにかかる橋もライトアップされてます。
d0077699_12495791.jpg
ホテルに戻って就寝。

続く。



by yuchan0220am | 2017-11-18 10:51 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
午後の観光はまずアンコール国立博物館からスタート。

博物館はホテルのすぐ裏。
アンコールワットの歴史がよ~くわかります。
プノンペンにある国立博物館の分館だそう。
本館も行ってみたい!

それではアンコールトムに行きましょう。
こちらはかなり大きな遺跡群です。
トムとはクメール語で「大きい」という意味だそう。
一辺約3Kmの城壁に囲まれた王都です。

これが南大門。
d0077699_11453800.jpg
両サイドにたくさんの仏像が並んでます。
南大門をくぐりましてバイヨン寺院まで行きますが、1Km以上あるので、トゥクトゥクにて移動。
d0077699_11475535.jpg
バイヨン寺院
d0077699_11482447.jpg
バイヨン寺院の四面塔は有名ですね。
d0077699_12165919.jpg
d0077699_11485299.jpg
レリーフも素晴らしい。
d0077699_11491731.jpg


お次は象のテラス
d0077699_11521428.jpg
よく見ると、象の鼻です。↑
象の鼻が蓮の花をつかんでいるんだそうです。

d0077699_11532206.jpg
d0077699_11531318.jpg
次はタ・プローム。
ここは遺跡が樹木に覆われて、何とも神秘的な寺院。
ほとんど修復の手を入れていないので
巨大になった樹木に押しつぶされる日もそう遠くない??
d0077699_11551129.jpg
d0077699_11545297.jpg
d0077699_11553486.jpg
木の間から仏像が見えます
d0077699_11560588.jpg
d0077699_11562236.jpg
d0077699_11572997.jpg
こんな風に補強がしてあるところも。

遺跡の中はかなり歩きます
そして、暑いです。
なので、ヘトヘトになります・・・(-_-;)

続く。



by yuchan0220am | 2017-11-17 17:29 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
もう来年はサファイアはないだろうと思うので、今年の記録を載せておきます。
d0077699_11234492.png
当初の予定ではフライト10回で50,000ポイントクリアするはずでしたが、
思いがけずバンコクツアーが入ったのでちょうどその分のFOPが多くなりましたね。

それならばプレミアいける?なんて野望が一瞬よぎりましたが、
イヤイヤ、そんなお金も時間も体力もござーません(^-^;

d0077699_22362010.gif
さてさて。
ノロノロ旅行記、続けます。
アンコールワットを見学して、美味しい朝ご飯を食べまして3時間ほど休みます。

午後から観光に出かけますが、その前に、このツアーのホテル特典のフットマッサージ30分を受けました。
d0077699_00342237.jpg
d0077699_00382132.jpg
スパはこのプールの奥に見える茶色い屋根のヴィラ。

ジンジャーティを頂いてから、マッサージ。
d0077699_00273466.jpg
リラックスできました。
とても施術が上手だったので、最終日にボディマッサージ90分を予約。

この日のランチは朝ご飯を食べたレストランにて頂きます(ツアー込み)。
サラダ、メイン、デザート
d0077699_00354038.jpg
d0077699_00354924.jpg
d0077699_00355979.jpg
メインの牛肉はちょっと微妙なんですが、ほかは美味しいです。

これから午後の観光に出かけます。

続く。





by yuchan0220am | 2017-11-16 11:58 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
先日、サファイア到達メールがきました。

今年は国内線のFOPが2倍の設定月に2回沖縄に行ったくらいで、特別な修行はせず。
とりあえずサファイア生活があと一年伸びました♪

d0077699_22362010.gif
さて。

早起きして活動しましたから
お腹がペコペコです。
d0077699_21533819.jpg
ゾウさんのオブジェが鎮座するレストラン。
朝ご飯は、とても美味しい。
d0077699_21581080.jpg
d0077699_21582199.jpg
d0077699_21591345.jpg
d0077699_21592651.jpg
d0077699_21593971.jpg

そして、ゲストにアジア人は私たちくらい。
d0077699_21515684.jpg
なので、とても静かです(爆)

フォーとお粥はオーダー式。
d0077699_21595837.jpg
もちろん、エッグスタンドもあります。
d0077699_21525868.jpg
d0077699_21512055.jpg
フルーツも、ジュースも美味しい。
d0077699_22001862.jpg
スムージーとヨーグルト
d0077699_22003201.jpg
このヨーグルトがとっても美味しくて、毎日ふたつ食べました。
d0077699_22004819.jpg
あともうひとつのお気に入りがこれ。
d0077699_21513399.jpg
ジューススタンドにはたくさんの種類のジュースがありますが(どれも美味しい)
ジュースとは別のところにスパークリングワインがありまして…
その隣にフレッシュなオレンジジュースが置いてあるんです。

ってことは・・・
これ混ぜたら美味しいのかしら?と思ってやってみたら

美味しすぎて、朝からガブ飲み(^^;
幸せな、朝ご飯♪♪♪

これからまた遺跡観光ですぞ!

大丈夫か?あたし・・・

続く。


by yuchan0220am | 2017-11-11 23:16 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
息子に会いに行くぞ!的なロンドンから無事帰国しました。
昨年夏に行ったロンドンとは季節も違うせいか、また別の魅力を感じましたよ。

9月は息子の留学もありましたし、10月はママ友たちとバンコク行って。
何だかバタバタしっぱなしで
ブログが全く追いついておりませんが…

てか、遊び過ぎだわ(;^ω^)

もう11月ですものね。
アンコールワット、春に行ったような気が…
頑張ってアップしなくちゃ。

d0077699_22362010.gif
d0077699_22491313.jpg
さて。

この旅行のメインイベントです!
朝5時ホテルのロビーに集合で、ついにアンコールワットに行きますよ。
アンコールワットはヒンドゥー教のビシュヌ神のお寺です。

まずはチケットを買いにビジターセンターへ。
まだ真っ暗ですが、ツアーの車とトゥクトゥクでいっぱい。
朝5:20でこの賑わい。
d0077699_22294611.jpg
チケットは3種類。

d0077699_22300245.jpg
値段は1DAYが37USD
3DAYSが62USD
7DAYSが72USD。

あたくしたちは、3Days チケットね。
チケット代はもちろんツアーに含まれているのでガイドさんが買ってくれますが、
写真を撮らなければならないので、当日じゃないとダメなのね。

写真入りのPASSを首から下げて、いざ出陣(^^)/

うっすら明るくなってきたところで
朝日待ちの場所取り。
d0077699_22305095.jpg
d0077699_22315368.jpg
みんな思い思いの場所で朝日を待ちますが・・・

しばらくすると、すっかり明るくなっちゃって
これってもう朝日は出ちゃったけど
曇っていて見えないの???
なんて不安になりつつ待っていると…

もしかして月?と思ってしまうような
赤い太陽がアンコールワットの背後から現れました!!
d0077699_22322957.jpg
ほら、月みたいでしょ。
だって、全然まぶしくないんですもの。
私が撮った写真(コンデジ)
d0077699_22325412.jpg
別アングルでパパさん撮影(i-phone)
d0077699_22441258.jpg
朝日を撮るなんで上手く撮れないだろうと思っていたけれど
眩しくないので、ずーっと撮れます。
少しずつ空がオレンジ色になってきました。
d0077699_22461850.jpg
場所を変えて、逆さアンコールワット♪
d0077699_22463734.jpg

カンボジアは3月までが乾期なので乾期に行くのがオススメだそうです。
日本の夏休みの時期はカンボジアは思いっきり雨期なので、厚い雲に覆われて朝陽が見られない事が多いそう。
ツアー代金も2,3月の方が格段に安いですから安くて見られる確率が高い乾期がオススメってわけね。

無事朝日も拝めたところで、これからアンコールワット内部を見学します。

入るとすぐに十字回廊があります。
ここの柱に墨書きの文字がかすかに見えますが、上書きされた観光客の落書きでほとんど判別不能です。

朱印船貿易が盛んだった頃にプノンペン近郊には日本から逃れたキリシタンなどの日本人が200人ほど住んでいたようです。
Wikiによりますと

1632年寛永9年)、日本人森本右近太夫一房が参拝した際に壁面へ残した墨書には、「御堂を志し数千里の海上を渡り」「ここに仏四体を奉るものなり」とあり、日本にもこの仏教寺院は知られていたことが伺える。

でも私が読んだ本にはどうやら天竺の祇園精舎だと思い込んでいたらしいとの記述。
このアコールワットのほぼ正確な見取り図が残っていますが、そこにも祇園精舎と書いてあります。
d0077699_23305720.jpg
  参考文献:アンコールワット森と水の神話世界 樋口英夫著

十字回廊を抜けると、あの象徴的な仏塔があります。

トウモロコシのような形の仏塔は、カンボジアスタイルです。
先日行ったバンコクにもこのスタイルのお寺は数々ありました。
d0077699_23344810.jpg
d0077699_23361486.jpg
普段はこの階段を登ることが出来るのですが、年に何回かある仏教の日は登れません。
はい、まんまとその仏教日で登れませんでした(-_-;)

素晴らしいレリーフ
d0077699_23431099.jpg
外回廊(第一回廊)の天井
d0077699_23434645.jpg
壁も一面レリーフ
d0077699_23444073.jpg
ひと通り見学したら反対側に出て終了。
d0077699_23451073.jpg
ここで時間は8時ころ。

いったんホテルに帰って朝ご飯を食べまーす(^^)/

つづく。






by yuchan0220am | 2017-11-07 14:52 | 旅行 | Trackback | Comments(2)