ジュリジュリでB子な日々 bmwalfa.exblog.jp

BMW&Alfa&・・・・ただひたすら車好き!なプチおかみ "ゆうゆう"の日記です。


by yuchan0220am
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
専属車で連れて行ってもらうとはいえ
暑い中での観光はかなり疲れます。

もう、若くないわー(-_-;)

この日も美味しい朝ご飯を食べてオレンジシャンパンを飲んだら
観光に出発。

ガイドさん曰く、この日の観光はかなりハードだそうで
ちゃっちゃと済ませましょう!

って、昨日も相当ハードだったけど…と
青くなる私たち・・・

実は、前日に行ったタ・プロームはこの日の観光でしたが
ガイドさんが絶対にこのスケジュールでは一日で終わらないからと
前倒しでタ・プロームに行ってくれたのです。

JALパックさん、要再考ですよ。
その旨、帰国後のアンケートには書きましたが。


王様の沐浴地、スラ・スラン(車窓)(写真なし)
を通って、シェムリアップから40Kmほどの郊外にあるバンテアイ・スレイへ。

走り出してすぐに、田舎の風景。
d0077699_19461734.jpg
d0077699_19455651.jpg
ファミリーカー
d0077699_23594718.jpg

痩せ細った農耕用の牛がいたるところに。

d0077699_00000108.jpg
〆たブタをいっぱい積んだバイクとかいて、そりゃぁ衝撃的だったのですが、写真撮れ~ず。

そんな景色を眺めながらバンテアイ・スレイに到着です。

バンテアイ・スレイは赤色砂岩のとても綺麗な寺院です。
d0077699_19471375.jpg
スニーカーが真っ赤になります(^-^;

今まで見た寺院もレリーフは素晴らしかったですが
ここはまた一段と素晴らしい!!
d0077699_19470003.jpg
d0077699_19475359.jpg


d0077699_19481773.jpg
↑この女性のレリーフは東洋のモナリザと言われているそうです。
d0077699_19480231.jpg
d0077699_19491785.jpg
わたし、ここ好きだわ♪

寺院見学は車を降りたら、寺院の入口の門から入りますが見学は一方通行なので、
反対側の出口の門を出ると車が待っているというシステム。

バンテアイ・スレイを出たら車に乗ってプリア・カンに向かいます。

続く。



# by yuchan0220am | 2017-11-19 13:10 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
朝5時から観光ずくめの長い一日もあとはディナー。

ディナーはカンボジア宮廷舞踊「アプサラダンス」を鑑賞しながらのカンボジア料理。

まずはアンコールビールとモヒート。
d0077699_12325809.jpg
スターター、スープ、メイン、デザート。
d0077699_12335854.jpg
d0077699_12395285.jpg
d0077699_12344311.jpg
d0077699_12380640.jpg
スープが本当に美味しいんですよ。
d0077699_12314137.jpg
d0077699_12322667.jpg
ご飯のあとは、ガイドさんに街で下してもらって、お散歩。
パブストリート。
d0077699_12440309.jpg
凄い人で賑わってますよ。
屋台もたくさん。
d0077699_12454577.jpg
マッサージ屋さんも大盛況。
d0077699_12462188.jpg
私たちもここのお店ではありませんが、60分のマッサージを受けました。
アジアはマッサージ、安いし気持ち良いので大好き♪

近くに小さな川が流れているのですが、そこにかかる橋もライトアップされてます。
d0077699_12495791.jpg
ホテルに戻って就寝。

続く。



# by yuchan0220am | 2017-11-18 10:51 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
午後の観光はまずアンコール国立博物館からスタート。

博物館はホテルのすぐ裏。
アンコールワットの歴史がよ~くわかります。
プノンペンにある国立博物館の分館だそう。
本館も行ってみたい!

それではアンコールトムに行きましょう。
こちらはかなり大きな遺跡群です。
トムとはクメール語で「大きい」という意味だそう。
一辺約3Kmの城壁に囲まれた王都です。

これが南大門。
d0077699_11453800.jpg
両サイドにたくさんの仏像が並んでます。
南大門をくぐりましてバイヨン寺院まで行きますが、1Km以上あるので、トゥクトゥクにて移動。
d0077699_11475535.jpg
バイヨン寺院
d0077699_11482447.jpg
バイヨン寺院の四面塔は有名ですね。
d0077699_12165919.jpg
d0077699_11485299.jpg
レリーフも素晴らしい。
d0077699_11491731.jpg


お次は象のテラス
d0077699_11521428.jpg
よく見ると、象の鼻です。↑
象の鼻が蓮の花をつかんでいるんだそうです。

d0077699_11532206.jpg
d0077699_11531318.jpg
次はタ・プローム。
ここは遺跡が樹木に覆われて、何とも神秘的な寺院。
ほとんど修復の手を入れていないので
巨大になった樹木に押しつぶされる日もそう遠くない??
d0077699_11551129.jpg
d0077699_11545297.jpg
d0077699_11553486.jpg
木の間から仏像が見えます
d0077699_11560588.jpg
d0077699_11562236.jpg
d0077699_11572997.jpg
こんな風に補強がしてあるところも。

遺跡の中はかなり歩きます
そして、暑いです。
なので、ヘトヘトになります・・・(-_-;)

続く。



# by yuchan0220am | 2017-11-17 17:29 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
もう来年はサファイアはないだろうと思うので、今年の記録を載せておきます。
d0077699_11234492.png
当初の予定ではフライト10回で50,000ポイントクリアするはずでしたが、
思いがけずバンコクツアーが入ったのでちょうどその分のFOPが多くなりましたね。

それならばプレミアいける?なんて野望が一瞬よぎりましたが、
イヤイヤ、そんなお金も時間も体力もござーません(^-^;

d0077699_22362010.gif
さてさて。
ノロノロ旅行記、続けます。
アンコールワットを見学して、美味しい朝ご飯を食べまして3時間ほど休みます。

午後から観光に出かけますが、その前に、このツアーのホテル特典のフットマッサージ30分を受けました。
d0077699_00342237.jpg
d0077699_00382132.jpg
スパはこのプールの奥に見える茶色い屋根のヴィラ。

ジンジャーティを頂いてから、マッサージ。
d0077699_00273466.jpg
リラックスできました。
とても施術が上手だったので、最終日にボディマッサージ90分を予約。

この日のランチは朝ご飯を食べたレストランにて頂きます(ツアー込み)。
サラダ、メイン、デザート
d0077699_00354038.jpg
d0077699_00354924.jpg
d0077699_00355979.jpg
メインの牛肉はちょっと微妙なんですが、ほかは美味しいです。

これから午後の観光に出かけます。

続く。





# by yuchan0220am | 2017-11-16 11:58 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
先日、サファイア到達メールがきました。

今年は国内線のFOPが2倍の設定月に2回沖縄に行ったくらいで、特別な修行はせず。
とりあえずサファイア生活があと一年伸びました♪

d0077699_22362010.gif
さて。

早起きして活動しましたから
お腹がペコペコです。
d0077699_21533819.jpg
ゾウさんのオブジェが鎮座するレストラン。
朝ご飯は、とても美味しい。
d0077699_21581080.jpg
d0077699_21582199.jpg
d0077699_21591345.jpg
d0077699_21592651.jpg
d0077699_21593971.jpg

そして、ゲストにアジア人は私たちくらい。
d0077699_21515684.jpg
なので、とても静かです(爆)

フォーとお粥はオーダー式。
d0077699_21595837.jpg
もちろん、エッグスタンドもあります。
d0077699_21525868.jpg
d0077699_21512055.jpg
フルーツも、ジュースも美味しい。
d0077699_22001862.jpg
スムージーとヨーグルト
d0077699_22003201.jpg
このヨーグルトがとっても美味しくて、毎日ふたつ食べました。
d0077699_22004819.jpg
あともうひとつのお気に入りがこれ。
d0077699_21513399.jpg
ジューススタンドにはたくさんの種類のジュースがありますが(どれも美味しい)
ジュースとは別のところにスパークリングワインがありまして…
その隣にフレッシュなオレンジジュースが置いてあるんです。

ってことは・・・
これ混ぜたら美味しいのかしら?と思ってやってみたら

美味しすぎて、朝からガブ飲み(^^;
幸せな、朝ご飯♪♪♪

これからまた遺跡観光ですぞ!

大丈夫か?あたし・・・

続く。


# by yuchan0220am | 2017-11-11 23:16 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
息子に会いに行くぞ!的なロンドンから無事帰国しました。
昨年夏に行ったロンドンとは季節も違うせいか、また別の魅力を感じましたよ。

9月は息子の留学もありましたし、10月はママ友たちとバンコク行って。
何だかバタバタしっぱなしで
ブログが全く追いついておりませんが…

てか、遊び過ぎだわ(;^ω^)

もう11月ですものね。
アンコールワット、春に行ったような気が…
頑張ってアップしなくちゃ。

d0077699_22362010.gif
d0077699_22491313.jpg
さて。

この旅行のメインイベントです!
朝5時ホテルのロビーに集合で、ついにアンコールワットに行きますよ。
アンコールワットはヒンドゥー教のビシュヌ神のお寺です。

まずはチケットを買いにビジターセンターへ。
まだ真っ暗ですが、ツアーの車とトゥクトゥクでいっぱい。
朝5:20でこの賑わい。
d0077699_22294611.jpg
チケットは3種類。

d0077699_22300245.jpg
値段は1DAYが37USD
3DAYSが62USD
7DAYSが72USD。

あたくしたちは、3Days チケットね。
チケット代はもちろんツアーに含まれているのでガイドさんが買ってくれますが、
写真を撮らなければならないので、当日じゃないとダメなのね。

写真入りのPASSを首から下げて、いざ出陣(^^)/

うっすら明るくなってきたところで
朝日待ちの場所取り。
d0077699_22305095.jpg
d0077699_22315368.jpg
みんな思い思いの場所で朝日を待ちますが・・・

しばらくすると、すっかり明るくなっちゃって
これってもう朝日は出ちゃったけど
曇っていて見えないの???
なんて不安になりつつ待っていると…

もしかして月?と思ってしまうような
赤い太陽がアンコールワットの背後から現れました!!
d0077699_22322957.jpg
ほら、月みたいでしょ。
だって、全然まぶしくないんですもの。
私が撮った写真(コンデジ)
d0077699_22325412.jpg
別アングルでパパさん撮影(i-phone)
d0077699_22441258.jpg
朝日を撮るなんで上手く撮れないだろうと思っていたけれど
眩しくないので、ずーっと撮れます。
少しずつ空がオレンジ色になってきました。
d0077699_22461850.jpg
場所を変えて、逆さアンコールワット♪
d0077699_22463734.jpg

カンボジアは3月までが乾期なので乾期に行くのがオススメだそうです。
日本の夏休みの時期はカンボジアは思いっきり雨期なので、厚い雲に覆われて朝陽が見られない事が多いそう。
ツアー代金も2,3月の方が格段に安いですから安くて見られる確率が高い乾期がオススメってわけね。

無事朝日も拝めたところで、これからアンコールワット内部を見学します。

入るとすぐに十字回廊があります。
ここの柱に墨書きの文字がかすかに見えますが、上書きされた観光客の落書きでほとんど判別不能です。

朱印船貿易が盛んだった頃にプノンペン近郊には日本から逃れたキリシタンなどの日本人が200人ほど住んでいたようです。
Wikiによりますと

1632年寛永9年)、日本人森本右近太夫一房が参拝した際に壁面へ残した墨書には、「御堂を志し数千里の海上を渡り」「ここに仏四体を奉るものなり」とあり、日本にもこの仏教寺院は知られていたことが伺える。

でも私が読んだ本にはどうやら天竺の祇園精舎だと思い込んでいたらしいとの記述。
このアコールワットのほぼ正確な見取り図が残っていますが、そこにも祇園精舎と書いてあります。
d0077699_23305720.jpg
  参考文献:アンコールワット森と水の神話世界 樋口英夫著

十字回廊を抜けると、あの象徴的な仏塔があります。

トウモロコシのような形の仏塔は、カンボジアスタイルです。
先日行ったバンコクにもこのスタイルのお寺は数々ありました。
d0077699_23344810.jpg
d0077699_23361486.jpg
普段はこの階段を登ることが出来るのですが、年に何回かある仏教の日は登れません。
はい、まんまとその仏教日で登れませんでした(-_-;)

素晴らしいレリーフ
d0077699_23431099.jpg
外回廊(第一回廊)の天井
d0077699_23434645.jpg
壁も一面レリーフ
d0077699_23444073.jpg
ひと通り見学したら反対側に出て終了。
d0077699_23451073.jpg
ここで時間は8時ころ。

いったんホテルに帰って朝ご飯を食べまーす(^^)/

つづく。






# by yuchan0220am | 2017-11-07 14:52 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
遺跡に行くからにはガイドは必須よねぇと
パッケージツアーにしましたが
「満喫コース 天空の楽園アンコール王朝の浪漫」
とかいう盛りだくさんなツアーで

おいおい書きますが、観光はハードスケジュールです。
自由な時間がこの初日しかなくて

暑いしちょっと疲れたし
ホテルでマッタリしたいことろですが

お土産買ったりしなくちゃいけないし
頑張って活動しますよ!

ホテルのベルさんに
「タクシーお願いします♪」って言うと、
ベルさんが、ヒュ~ッって合図しまして…
d0077699_15201849.jpg
d0077699_15203195.jpg
タクシー、登場。
d0077699_15205040.jpg
ドライバーさん、Goodな笑顔です(^_-)-☆

はい、こちらではタクシーと言えばトゥクトゥクなんですね。
シェムリアップでは、一般的な、乗用車のメータータクシーはほとんど見かけず。

遺跡に行くのも、街に行くのも
トゥクトゥクなんです。

料金もアバウトです。
目的地を伝えて、交渉して乗りましょう。

ちなみにカンボジアの通貨はUSドル。
でも細かいお釣りはセントではなく、リンギットでもらったりするのでちょっと面倒くさい。

まずはドラ息子のコレクションとなっているHard Rock CafeのTシャツを買いにレッツゴー。
d0077699_15213619.jpg
10分弱で3ドル。
d0077699_15210476.jpg
d0077699_15211435.jpg
これは、アジア名物、ぐるぐる電線~(''◇'')ゞ
d0077699_15261915.jpg
そのあとは、お土産に良さげなアンコールワットの形をしたアンコールクッキーを買いに行って~
(オーナーは日本人の女性です)
こんなおやつを食べて~
d0077699_15212709.jpg
またトゥクトゥクに乗って~

ホテルに帰還。

ふぅ~暑い(^-^;

晩御飯はまたガイドさんが迎えに来てくれて、レストランに自動的に送り込まれます。
こんな感じ。
d0077699_15230757.jpg
昼ごはんと変わらないじゃん!というツッコミはナシで(;^_^A

明日の朝は4時起きですので、とっとと就寝!

つづく。







# by yuchan0220am | 2017-08-18 18:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
d0077699_20212892.jpg
ランチの時間にガイドさんが迎えに来てくれて
おススメのクメール料理のお店に連れて行ってくれました。
d0077699_20200248.jpg
今回のツアーは、観光もガッツリですが食事もガッツリ付いています。
(ただこの初日のランチだけ、含まれていません)
d0077699_20201500.jpg
こちらのレストランはまずこの写真のようなオープンなエリアがあって
その奥に扉があり、クーラーの効いた室内のエリアに分かれていることが多いです。

そして、ローカルな方たちはとても暑いのに
このオープンエリアで食事していることが多かったかなぁ。
暑くないのかしら?

食事はお野菜の炒め物とスープと白米。
d0077699_20204390.jpg
d0077699_20205345.jpg
d0077699_20210156.jpg
白米があるし、日本人にはホッとする味です。
そしてスープはどのレストランでも、とーっても美味しかった♪

そのあと、マッサージに連れて行ってもらって前日からのフライトの疲れを癒しましたよ。

ガッツリ観光付きなので、フリータイムはこの日の午後だけ。
ホテルに戻ってひと休みしたら、お散歩に行くよ~~~っ!!

暑いけど…(^-^;

つづく。



# by yuchan0220am | 2017-08-14 20:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
d0077699_20061581.jpg
d0077699_15084320.jpg

今回のホテルは、Raffles Grand Hotel d'Angkor

ラッフルズは、お高いホテルですが
ここシェムリアップのラッフルズは比較的リーズナブルなお値段で泊まれます。

ツアーの早期予約特典で、お部屋がアップグレードされました。
チェックイン時に、美味しいジンジャーティを頂きましたよ。
それもこんな可愛い象さんのカップで♪
d0077699_19510320.jpg
時間は午前11時ころでしたが、そのまま部屋に案内されました。

昨年泊まったローマのホテルのような、木製のしぶ~いエレベーター。
d0077699_15220757.jpg
d0077699_20051236.jpg
ロビーにはキレイなお花。
d0077699_15224010.jpg
廊下はレモングラスのアロマで癒される香り。
d0077699_20052382.jpg
部屋は2階。小さなバルコニーのあるランドマークルーム。

天井が高くて木の床が素敵なお部屋。
ベッドでしょ~
d0077699_20030160.jpg
d0077699_20031582.jpg
小さなバルコニー
d0077699_20085996.jpg
テレビ、デスク、テレビの両サイドはクローゼット
奥の扉はバスルーム。
d0077699_20032938.jpg
テレビの下がミニバー
d0077699_20033884.jpg
バスルームも広々。(オバハン、写ってますがな…)
d0077699_20035920.jpg
d0077699_20040830.jpg
d0077699_20114313.jpg
とりあえず手を洗って…
と思って洗面台の蛇口をひねるも、水が出ない。
あれ?
シャワーは?と思って出してみるけど、やはり出ない。
ってことはトイレも使えない??

あらま(-_-;)
フロントに電話して、水が出ない!と言うと
少し待ってからもう一度トライしてみてとのこと。

数分待って蛇口をひねると

え・・・?!
チョコレート色だ~(^-^;
d0077699_20044113.jpg
便座が木製の珍しいトイレも。
d0077699_20044986.jpg
しばらく出しっぱなしにしていたら、綺麗なお水になってひと安心。
いきなりビックリしましたが、その他には何の問題もなく過ごせましたよ。

そろそろランチですよ。

つづく。



# by yuchan0220am | 2017-08-13 22:22 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
プロペラ機って、乗ったことあったかなぁ?
…と思ってしまうくらいのドキドキ感。
d0077699_15021890.jpg

d0077699_15015413.jpg
タラップ、ちっさ!
荷物はちゃんと乗っているのかしら?
何だか不安(^-^;
d0077699_15023557.jpg
満席にて出発。

ドキドキしながらも無事離陸。
機内雑誌見ていたら出てました。
d0077699_15025947.jpg
今まさにこれに乗っているのね~。
シェムリアップまでよろしく頼みますよ( ˘ω˘ )

着陸間際に写真撮ったらいかにもアジアの田舎の風景。
d0077699_15141978.jpg
1時間ほどで着陸。
d0077699_15034732.jpg
到着したら、テクテク歩いてターミナルへ向かいます。
d0077699_15033501.jpg
奥に見えるターミナル、良い雰囲気ですね。
色々な飛行機がいますよ。
d0077699_15073640.jpg
一番手前の飛行機、ハエ?
d0077699_15065883.jpg
・・・と思って調べてみたら、本当にハエなんですね。
現在はエア・ベルリン資本となっているニキ航空(LCC)。
創業者はあのF1ドライバーのニキ・ラウダとな。

へぇ~。

ターミナルに入ると中はとても綺麗。
まだ新しいんですね。
d0077699_15075977.jpg
右側がVISAの発行カウンター。(到着当日でもOK)
左側がイミグレ。

カンボジアは入国にVISAが必要です。

VISAは、出発前までにネットで申請取得しました。

カンボジア大使館でも出来ますが、申請、発行は別の日なので2回行かなければならないし
写真は証明写真撮らなければならないのでお金もかかるし手数料もネットよりちょっと高い。

ネットなら写真はPCにある写真やスマホで撮った写真でOKだし
直ぐにメールが来て、PDFをプリントすればOKですし料金もちょっとお得。
ネットが断然オススメです。
非公式のウェブサイトもありますので、ご注意を。
カンボジア王国ビザ申請サイト → E-VISA

d0077699_15081737.jpg
ターミナルはガラガラ状態で、荷物もすぐに出てきましたよ。

ガイドさんと合流して、まずはホテルに向かいます。

つづく。






# by yuchan0220am | 2017-08-11 14:58 | 旅行 | Trackback | Comments(2)