ひょんな事からBMW。 Part2

そして3日間走りましたよ。
首都高グルグル(私の得意技!でもルーレット族ではありません)したり、奥多摩に行ったり、中央高速を相模湖で降りて大垂水を抜けて帰ってきたり。

感想・・・一言で言うと初めて乗るBMWのエンジンはおもしろい!
私もダーリンも一番気になっていた2.5リッターということを忘れさせてくれるくらい楽しいドライブでした。
高速走行は安定しているし、峠もマニュアルモードで走るとそこそこ走れる。
足も適度に硬くてノーマルでこの状態ならまぁ合格。(のちのち変えることは必須なので)
ブレーキもよく効くし。
インパルの足回りが入っていた峠仕様のシーマと比べると物足りないところもあるけれど、とにかくおもしろいね!!と二人の意見が一致。

○本さんの言うように、走ってみなければわからないおもしろさだった。

シーマの査定は10年経っている割には走行距離は50,000キロと少ないし、メンテナンスはばっちりだったので、思っていたよりも良い査定額。
○本さんにもいろいろと頑張っていただいたので、3日間の試乗が終わって車を引き取りに来たときにはハンコ用意して待ってました♪

気が付けば尚ちゃんとのランチから一週間経たずしてほぼ契約成立。
一番ビックリしていたのは尚ちゃんだった・・・。

その後、ボディカラーと仕様も決まり、今ちょうど船に乗ってますから、3月末には納車できます、とのこと。それから船が沈没しないように祈る毎日。

シーマはまだ車検も残っていたし、あの時尚ちゃんとランチしていなければ、○本さんとの出会いはなかったと思うと、何だか運命的なものを感じます。

そしてもうひとつ運命の出会いがあったんです。
納車時にパナのナビをつけてもらって、納車されたのですが、ちょっと不具合があってナビ装着してくれたショップの方が直接うちに来てくれた。
その時うちに来たのがアクセス大凹○さん。

ナビが何の不具合もなかったら、きっと大凹○さんにもお会いしていなかったはず。
ナビ屋さんだと思っていたけど、ビルのロゴ入りのつなぎを着ていたので、
「足回りもやるんですか?」って聞いたんです。大凹○さん、覚えているかしら?
「足回りとか、エアロもやりますよ。」と大凹○さん。
「シュニッツァーがいいなぁって思ってるんですけど・・・」と私。
「シュニッツァーなら、うちにデモカーがあるんで是非見に来て下さい。」
こんな会話をしました。

で、今に至るわけです。
この時大凹○さんに会っていなければ、今頃ACSフルエアロは某有名BMW専門ショップでつけていたかも?!
運命を感じるでしょ?大凹○さん!!

ちょっと話がそれましたが、とにかくこれが私のBMWライフスタートのお話し。
d0077699_209980.jpg

今回登場した日本一のセールスマン○本さんのお店は某池袋のBMW。(おっとバレバレ)
是非、お近くにお越しの際はお寄りください。
いかにも人の良さそうな○本さんが日本一の笑顔で迎えてくれることでしょう。


d0077699_2092596.jpg
それから、『このブログを見た』と言うと、先着5名様にアイスコーヒープレゼントです♪(嘘)



そうそう、シーマを売ることになって初めて判明したことがありました。
10年間乗っていて、ボディカラーは黒だと思っていた私。
本当は紺だった!!!

いやぁ、びっくり。
by yuchan0220am | 2006-09-05 00:00 | BMW | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bmwalfa.exblog.jp/tb/3709920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ジュリジュリのお見舞い その2 ひょんな事からBMW。 Part1 >>