ロンドン、ローマ、パリ♪の旅 ~2日目 ルーブル美術館。

d0077699_1563310.jpg

このピラミッドが入口。
オルセーが休館のせいもあるのでしょうか、少し並びました。

ピラミッドを入るとすぐに荷物チェック。
エスカレーターを下って、B1がエントランス。
d0077699_264666.jpg

チケットを購入していざ入館。

ヨーロッパの美術館は、収蔵されている作品はもちろん素晴らしいのですが
それ以上に、建物が素晴らしい。

前回のパリ訪問時には、ルーブル美術館は来なかったので、じっくり拝見しましょう。

モナリザは日本に来た時に一度お会いしましたので、
それ以来二度目のご対面。

ちなみに日本に来たのはいつだろうとべたら、1974年でした。
あたくしは小学生。
同級生のお父さんが、この時の美術展のチケットをデザインしたそうで
チケットを頂いたんです。
で、親に連れて行ってもらいました。

でも、その時はものすごく混んでいて
そのうえ、高い場所に飾ってあって、
ほとんど見えなかった覚えが。
印象に残っているのは、小さい絵だなぁってことくらい。

ルーブルのモナリザも、結構な人で賑わっていましたが
見やすい位置にあって、じっくりと見ることができました。
d0077699_2261963.jpg

海外の美術館はガラスなどはなく、直に作品を見ることができるのですが
モナリザさんだけは、防弾ガラスに守られていましたね。

あたくしのルーブルでの一番のお目当てはこれ。

ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」
d0077699_25502.jpg

1830年の7月革命を描いた作品。
ジャンヌダルクがモデルとも言われていますね。

スペイン旅行ですっかり大ファンになった、エル・グレコもありました。
d0077699_271716.jpg

ルーブルは広いので、有名どころを見て退散。

出口を出てすぐのところに
紅茶専門店のマリアージュ・フレールがありました。
d0077699_274848.jpg

マリアージュ・フレールは日本にも何店舗かありますね。

こちらのカフェで、ランチ。

サーモンの何ちゃらサンド。
d0077699_291217.jpg

何ともオサレ過ぎる一品。

紅茶とともにいただきます。
d0077699_2101324.jpg

それとリンゴのケーキ。(デカイ)
d0077699_2103993.jpg

娘とシェアしていただきました。
美味しゅうございました。

もちろん、紅茶も購入しましたよ。

天気が良いので、もうちょっとパリの街を散策しましょう。

サンジェルマン方面を目指して歩きます。

パリではあちらこちらで見かけた、パン屋さん、PAUL。
d0077699_2122336.jpg

フルーツ、美味しそう♪
d0077699_2125051.jpg


サンジェルマンでは娘のお目当てのチョコレート屋さんへ。

パトリック・ロジェ
d0077699_2153540.jpg

写真がうまく撮れていないのですが、
半球状のチョコは深い透き通ったグリーンでとても綺麗なんです。

お値段はかなり高め。
なのでひとつだけ購入しましたが

この綺麗な半球状のチョコ、すごく美味しかったそうで
もっと買ってくれば良かった~と娘が後悔しておりました。

そろそろホテルに帰りましょう。

つづく。
by yuchan0220am | 2016-10-17 00:16 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bmwalfa.exblog.jp/tb/23556839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chandra at 2016-10-18 20:19 x
マリアージュ・フレールいいなぁー お高い感じですねぇー

しかし、撮影OKなヨーロッパの美術館
日本はなんなんだ?! って思うことしきりです (-_-;)
Commented by yuchan0220am at 2016-10-18 22:31
chandraさま。
マリアージュは確かにお高かったです。
でも、ここの紅茶は本当に美味しいですよ。
それに日本語ペラペラのスタッフがいて、とても親切でした。

美術館のマナーの違いは私も納得いかないですねぇ~
モナリザだってルーブルなら撮影OKなのに、日本に来るとNGですからね…(-_-;)
オルセー美術館のミレーの晩鐘も日本に来た時に見に行きましたが、やっぱりNGでしたね。
<< ロンドン、ローマ、パリ♪の旅 ... ロンドン、ローマ、パリ♪の旅 ... >>