パパさんの漁師日記 ~食す~。

今回の新島釣行は、美味しい魚ばかりでした。

釣って来たのは良いけど、さばくのが大変!
魚キライ(?)なパパさんがやるわけもなく

あたくしがせっせとさばいている・・・

なわけでもなくて、

我が社の元板前スタッフがぜ~んぶやってくれます。

某Pホテルの寿司屋で修行していただけあって
そのさばきっぷりは、ため息が出るほど鮮やかです。

今度、動画を撮っておこう。

まずは大きなヒラメ。
d0077699_11363917.jpg

ヒラメのウロコはスチールたわしで軽くこすると綺麗に取れるらしい。

なんてことくらいは素人のあたくしでも知ってます。

でも、ろーぷーは違った(+_+)

柳刃包丁で、ウロコだけをキレイにそいでいくのです。

いやいや、職人技。
d0077699_11295746.jpg

薄造りとしゃぶしゃぶ用にしてもらいました。

このように、薄造りのお花の茎に見立ててエンガワを盛り付けるんだそう。

お見事。

d0077699_1139092.jpg

お刺身はもちろん美味しかったけれど、しゃぶしゃぶもこれまた美味。



d0077699_120358.jpg
おまけでヒラメの胃袋。

(ボケボケでごめんなさい。)

お湯にさっとくぐらせて、湯引きしたら細く切ってポン酢でいただく。
コリコリっとした食感。
おつまみにGOOD!


d0077699_1154397.jpg

ハタは刺身と鍋用に。
あら、写真がない。撮ったハズなのに。

オジサンは煮付け。

メジナは刺身。

d0077699_11554235.jpg

鯛は、刺身とその一部をこぶ〆にして。

小ぶりの鯛は、鯛めしに。

湯気で、ちょっと曇ってますが…

こんな時は普段からご飯を土鍋で炊いていて良かったぁって思う。

ウマス。



で。

今回の一番のヒットは、ウマヅラハギ。

カワハギの仲間は、頭に鋭いトゲがあって、漁師さんのカッパや手袋に穴はあくわ、痛いわで漁師さんに嫌われているらしい。

市場に卸す魚を選り分けて、甲板に残ったカワハギたちは
スコップですくって捨てていたそうな。


実際、パパさんも今までの釣りでカワハギが釣れた事があったけれど
持って帰ってきた事はない。

でも、最近、この魚の美味しさが見直されているそう。

そんな特集をNHKでやっていたから、今度釣れたらちゃんと持って帰ってきてと頼んでおいた。

ウロコはなく、皮もペロ~っと手でむけるので、さばくのはいたって簡単。
さほど大きくないカラダの半分は肝。この時期は特に美味しい。
身は淡白な白身。
d0077699_11573041.jpg

肝がこんな風に綺麗な乳白色ならちゃんと血抜き出来ている証拠。

血抜き出来ていないと、肝に血が混じってピンクがかります。
そうすると、生臭くて食べられない。
d0077699_11575324.jpg

この肝を醤油に溶かした肝醤油に
身を付けて食します。

これ、絶品!!!




こんなに美味しい魚、今まで捨てていたなんて。

また釣ってきてもらいましょう。


ご馳走様でした m(__)m ♪♪
by yuchan0220am | 2011-03-08 11:30 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bmwalfa.exblog.jp/tb/13079612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 地震。 パパさんの漁師日記 ~新島編~。 >>